ミュージック中継・・・範疇と、アリーナといった分け合う一体フィーリング

わたしには好きな俳優が居ます。信者になってざっと6歳は経ちました。生にもぐっすり行きます。CDで音楽を聴くのも当然いいのですが、たまには生をめぐって生の歌や公演を聴いてみたくはありませんか?

とは言っても、生はただ生の歌を聴くだけではありません。生中に場の能率といった客の気分が合わさって生まれる「一体直感」という美術。これがライブの楽しみのひとつです。始まる前の満足、終わった後の評価、これら皆含めて生だ。一旦楽しさを知ってしまったら、これから病みつきになってしまう。
そしたら、生で周りが出来ることもあります。私も生をきっかけに周りが行なえ、以後生以外のプライベートでも人懐っこくさせていただいています。ライブのところで出会う近所ですから必然的に共通の趣味をもちましていらっしゃるわけで、仲良くなるのも速いと思いますし、こういう周りにまた出会うこともまたライブの楽しみです。赤ら顔を治す

ミュージック中継・・・範疇と、アリーナといった分け合う一体フィーリング